無料ブログはココログ

ツイッター


小説

『ファンタジィ傑作集2 ビバ!ドラゴン』

・ファンタジィ傑作集2 ビバ!ドラゴン

 G・K・チェスタートン他/著 佐藤高子・渡辺南都子/訳 ハヤカワ文庫FT

【内容】

ドラゴンが出てくる短編小説のアンソロジー。

『王さまの首の不思議な冒険』(L・フランク・ボーム)

王さまが厄介者のムラサキ・ドラゴンに首を食べられてしまった!代わりの首を作った者は姫と結婚できることになり、若者達が次々と首を持ってくるのだが。

『ムラサキ・ドラゴン退治』(L・フランク・ボーム)

利口で頑丈で力の強いムラサキ・ドラゴン。退治を何度も失敗し、人々には打つ手なし。ところが遂に、王さまがとっておきの方法を思いついた。

『最後のドラゴン』(E・ネズビット)

王子がドラゴンを殺して王女を救う“しきたり”が繰り返され、今やドラゴンは一匹だけ。ある王子と王女が最後のドラゴンの元へ行くが、ドラゴンは姫を襲わない。

『竜とカクレンボ』(G・K・チェスタートン)

巨大なドラゴンの侵攻を受け、王様や家臣と都の人々は絶体絶命。その時、かくれんぼの天才で神出鬼没の、ならずものの騎士がドラゴンに立ち向かった。

『ドラゴンの執念』(ロバート・ブロック)

アーサー王の時代から時を超えてきた騎士を助けた礼にと、魔術師マーリンが現代に置いていったのはドラゴンの卵!孵ったドラゴンが巻き起こす大騒動。

『コンラッドと竜』(L・P・ハートリィ)

ヘルミオネ姫の求婚者達を襲うドラゴン。繰り返される惨劇が国中の人々を湧き立たせる。ドラゴンへ挑むことになった少年コンラッドを待ち受ける運命は。

【感想】

どらあわも終盤ですが、ドラゴン関連の本を紹介。

それぞれの作品に登場するドラゴンの共通点を端的に言えば、蛇に手足が付いたような外見であること(翼は、『コンラッドと竜』の中で描写されていないので共通点にせず)。

それ以外の特徴は様々で、まさしく人々の空想によって成り立つ生物だと思えました。

ドラゴンに命を吹き込むのは人であり、世界であり、その作品であると・・・・そう、ごく当たり前のことに感動してしまう自分が恥ずかしいですが。

続きを読む "『ファンタジィ傑作集2 ビバ!ドラゴン』" »

『風に舞う』

・風に舞う

 花村萬月 集英社文庫 1998年

【内容】

 かつては人気バンドのリーダー、今は掃除夫のバイトをしながら理想の音楽を追い求める武史。小説の取材として掃除夫のバイトを始めた小説家志望の女子大生、操。事故や喧嘩など、様々なトラブルに巻き込まれながら深まっていく二人の繋がりと、ミュージシャンとして成長していく武史の姿が描かれる。

【感想】

いわゆるトレンディドラマの類のような、青春ストーリー。

可愛い。

作品自体が可愛い。

続きを読む "『風に舞う』" »

第7ターンアクション投函済み

出してます。

今回はリィルとの会話がメイン行動で、アクションに添付したものはありません。

前回まで添付物の方に書いていたものが、アクションになってしまいました。

仕方ないです、私だから。

話は変わって。 

ラノベ風な少年の心情について参考にと読んでみた小説二冊を簡単に紹介。

『大沢さんに好かれたい。』『リセットな彼女』です。

続きを読む "第7ターンアクション投函済み" »

『NHKにようこそ!』

・NHKにようこそ!

 滝本竜彦 角川文庫 2005年

 大学中退から引きこもって4年目の佐藤君が、エロゲーで大成功を目指す後輩の山崎君や、謎の美少女の岬ちゃんと繰り広げる、想いの行き場は無いけどハートフルで、心身ともに閉じこもってるけどアベンチャーな物語。

 

続きを読む "『NHKにようこそ!』" »

『真っ黒焦げの凶暴なウサギ』

・真っ黒焦げの凶暴なウサギ

 和智正喜 メガミ文庫 2008年

 かつて。神に純真な心を裏切られた白いウサギが、噴出した黒い感情を叩きつけ神を殺してしまった。

 現代。神の再生を企てる者達〈善推委〉が潜む白王都学院で、いじめられっ子の少年・友梨拓斗の前に、神殺しのウサギの力を宿す仮面が現れた。

 自他の暴力を恐れながらも、拓斗は〈善推委〉に挑む少女・依船優果のため、そして拓斗自身が生きるため、神殺しのウサギ・〈真っ黒焦げの凶暴なウサギ〉となって〈善推委〉と戦うことを決意する。

 

続きを読む "『真っ黒焦げの凶暴なウサギ』" »

『仮面ライダー―誕生1971―』

・仮面ライダー―誕生1971―

 和智正喜 マガジン・ノベルス・スペシャル 2002年

 1971年。大学で研究助手を務める本郷猛は、同僚の楠木美代子とのドライブ中に蜘蛛の怪物から襲撃を受けた。

 彼を襲い誘拐したのは、世界を影で操る謎の組織〈ショッカー〉が作った、改造人間〈蜘蛛男〉だった。

 本郷は〈ショッカー〉から次世代高機能戦闘員〈S.M.R.〉の素体として改造手術を施されるが、手術完了直後、<ショッカー>と敵対する<アンチショッカー同盟>によって助け出された。

 しかし、肉体を改造された事実と、<ショッカー>という悪魔の如き存在を前に、絶望の淵へと立たされる本郷。

 彼に手を差し伸べたのは、〈アンチショッカー同盟〉に属する、赤いマフラーを纏った青年、ハヤトだった――――。

 仮面と強化服で身を包み、怪人達を圧倒する戦士<仮面ライダー>誕生の物語。

 

続きを読む "『仮面ライダー―誕生1971―』" »

『魔法使いの卵』

・魔法使いの卵

 ダイアナ・ヘンドリー/著 田中薫子/訳 佐竹美保/絵 徳間書店 2001年

 スカリーは、魔法使いの資格を得るための試験を控えた、魔法使いの卵。普段は魔法の事を秘密にして、フツウ人間と同じ学校に通っている少年だ。

 ある日、学校の勉強をおろそかにしていたせいで、生徒に付き添い勉強の手伝いをする「お守り」が付くことになった。もじゃもじゃ赤毛にミニスカート、彼女の名前はモニカ。

 学校でやってた内緒の魔法練習がやり辛くなったのに、なんと、もうすぐ魔法紳士団から魔法の試験に呼ばれそうだっていう。

 しかもスカリーの魔法遺伝子を狙う「サソリ団」が現れて、スカリーの周りは大騒動に。

 スカリーは無事に試験を受け、魔法使いの一員になれるのだろうか?

 

続きを読む "『魔法使いの卵』" »

『火星甲殻団』『火星甲殻団ワイルドマシン』

・火星甲殻団

 川又千秋 早川書房 1987年

人と機械生物〈ヴィートル〉が共生する、未来の火星。青年ガラムと相棒のヴィートル、“赤い稲妻”ローテ・ブリッツは、凶悪な盗賊団〈火星甲殻団〉に襲われ、ガラムが殺されてしまう。復讐を誓ったローテ・ブリッツは、同様に〈火星甲殻団〉から襲われヴィートルを破壊された男、ノルド・ヴェストと共に〈火星甲殻団〉へ挑む。

 

・火星甲殻団ワイルドマシン

 川又千秋 早川書房 1989年

前作から五百年後。人間と共生しない野生機械〈ワイルドマシン〉を狩る、機械狩人〈マシンハンター〉の一人、デューン・ラッド。彼は謎の女性ジレルに惹かれるまま、〈火星甲殻団〉と巨大宗教団体〈シャール教団〉、そして機械神と化したローテ・ブリッツの、火星の未来を決する戦いへと巻き込まれていく。

 

続きを読む "『火星甲殻団』『火星甲殻団ワイルドマシン』" »

『中世イギリス英雄叙事詩 ベーオウルフ』

・中世イギリス英雄叙事詩 ベーオウルフ

 忍足欣四郎・訳 岩波文庫 1990年

デンマークの王フロースガールの宮殿では、邪悪な巨人グレンデルが夜毎訪れて人を襲うようになり、人々は長い間、夜の宮殿へと近づくことができなくなっていた。

その話を耳にしたスウェーデンの勇士ベーオウルフは、義憤に駆られデンマークへ渡り、一対一でグレンデルと戦って、素手で巨人の片腕を引き千切り死に至らしめた。

復讐を計ったグレンデルの母も退治し、フロースガール王から与えられた宝と共にスウェーデンへ戻ったベーオウルフは、後に彼の部族を治める王となった。

ベーオウルフが年老いた頃、人間に宝を奪われた竜が彼の国を荒らし始めた。

竜へ一人で立ち向かったベーオウルフだったが、火を吹く強靭な敵に苦戦を強いられ、部下のウィーラーフの助けを得て勝利したものの、彼もまた致命傷を負ってしまった。

事切れたベーオウルフは、彼の遺言通り、火葬され、岬の上に築かれた塚の中へ宝と共に埋葬された。

 

どらあわの参考になるかと思って、読んでみました『ベーオウルフ』。

続きを読む "『中世イギリス英雄叙事詩 ベーオウルフ』" »

『なつき☆フルスイング!  ケツバット女、笑う夏希。』

・なつき☆フルスイング! ケツバット女、笑う夏希。

 樹戸英斗・著 電撃文庫 2007年

 鍛夏希は夢魔〈アルプ〉の退治人である。

 彼女は不安定な心の持ち主に憑依したアルプを、対象者のケツに金属バット〈アルプバスター〉をぶち当てることで追い出し、それを滅していくのだ。

「人のケツはいつ殴っても気分爽快だよな!」

 肩の故障で野球の夢を失っていた葉岡智紀に憑いたアルプを倒した夏希は、彼女のアルプ退治と非常識な馬鹿騒ぎに智紀を巻き込んでいくのであった。

「……もう来なくていいよ」

続きを読む "『なつき☆フルスイング!  ケツバット女、笑う夏希。』" »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30