無料ブログはココログ

ツイッター


« 【ウマ娘】初プレイ! | トップページ

【ロディニア】『双つ名のテゴナ店、本日のメニュー』感想

【三千界のアバター】兎多園 詩籠
双つ名のテゴナ店、本日のメニュー』の感想です。
 これもリアクションの公開から一か月が経ってしまいました!
 名前がテゴナとカハヒラコの二つある謎の青年に捕らわれたPC達が、脱出するために彼から課せられた試練へ挑むシナリオでした。
 
『力』『夢』『美』の三種類ある試練のうち、PC詩籠は『美』を選択。
 理由はシナリオ参加の記事に書いたので略。
 ラップで表現する風景と心情をテゴナへ想像させて、美しいと感じさせようとしました。
 主な登場ページは、1821でした。

 ぶっちゃけ、自分でもこの歌詞が本当に美しいのか、未だに断言は出来ません。
 捉え方によっては、醜くもなりそうな、片思いの未練。
 作詞中や試しに何度も歌う際に、歌詞の気持ちを自分のものにするので、根性無し、女々しい、といった言葉が浮かんではザクザク突き刺さる系。
 この詩そのもののような体験を詩籠はしていません。
 体験していないけど、想像すると胸の奥とつながって泣いてしまう事も、あると思いながら詩を書きました。
 相手によってはバッサリと切り捨てられそうですが、今回のテゴナには何とか許されて『美』を認めてもらえました。
 ありがたやありがたや!
「MC  K#G。今から、ラップを唄う」という、アクションには無かったセリフがリアで加えられていました。
 自由設定も読んでもらえていて嬉しかったです。
 
 各PCへ称号と個別が添えられていました。
 詩籠は称号【美のリリシスト】をいただきました。
 もったいない……。
 個別ではテゴナから送られた封筒に、ラップを褒めるメッセージが入っていました。
 伊勢 朗マスターからのメッセージでも同様に褒めていただきました。
 今、この記事を書きながらリアを読んでいても、嬉しさと申し訳なさに耐えられず、少しの間、首を絞められて死んだようなポーズになっていました。
 いつもの発作ですが、これで結構長い間、リアを読み返せなかったり、感想を書けなくなったりします。
 例えば、このシナリオ!
 あと一本、とにかく何とかしなきゃいけないものがあるのですが、そっちは本格的にどう書けばいいのか。
 閑話休題。
 伊勢 朗マスターに、心から感謝しています。
 
 テゴナがPC達からほとんど殴られなくて残念がっていましたが、詩籠は暴力を好まない性格ですし、捕らわれるくらいはPCにとってわりと慣れてると思ったので、殴りませんでした。
 詩籠は、特異者の日々を過ごすうち、理不尽な状況でも前向きに捉えるように心がけています。 
 それに真摯な言葉で評価されたので、なおさら殴れるはずがありません。
 テゴナの評価は一つ一つが各PCの行動に良い味わいを足していたと思います。
 あれもまた、マスターの技術、懐の深さと言えるでしょう。
 憧れます。
 
 ここまで伊勢マスターからしていただいて書く事ではないかもしれませんが。
 これで旧ヒロの未練が晴らせたかと言えば、まだ不十分という気持ちです。
 PCさん達、それぞれの行動と、それに対するテゴナの評価。
 どれも深く頷きながら読ませていただきました。
 やはりもっと、今回のリアクションで他のPCさん達が表現したように、まっすぐに表現しきれなければと、読んでいて思いました。
 それも用意したものではなく、詩籠自身を魅力的なキャラクターとして。
 もっと詩籠の内面と繋がったアクションを作りたいと思いました。
 そこに本当の兎多園詩籠というドラマがあるのでしょう。
 このシナリオで褒めていただいた事を糧に、頑張っていきます、今はシナリオの参加頻度がかなり低いですけど。
 今回はここまで。
 以下、アクションです。
 
『双つ名のテゴナ店、本日のメニュー』
MC:添犬守 逢音
スタイル:ミュージシャン
〈アクション内容〉
・目的
店主に僕の考える美を伝える
 
・動機
騙されたのは気分悪いけど、アーティストとして腕試しの機会と思えば、やる気は出た。
 
・手段
ラップを唄う。
「終わった片思いなのに、今も哀しみの中で想い人を瞼に浮かべる」という歌詞。
その浮かべた情景の美しさを、店主に想像させ共感させたい。
僕は自分の左胸を両手で押さえてから切々と歌いだす。
 
『胸に収まった小さな光景
過ぎてなお忘れない憧憬
歩み止めたのは俺の方で
今も囁いてる君のその背へと
 
名前と伝えたかった幾つか
ままならなかった 挨拶すら
近くに居させて 胸の内で請うた
言えなかった 拒まれそうだから
 
夕焼けに一人立つ君を永久に
忘れないと誓った日が終わり
胸に留めた別れ時の残照
瞼に浮かべては濡らす感傷の
 
涙 沈む夕日がまるで
君へと差すこの想いのようで
生まれ変われるならあの暖かな
光になり抱きたい透けた腕で
 
そして願う 時よ止まれ
止まれ 止まれ』
 
最後は見えない人を抱くように自分を抱く。

« 【ウマ娘】初プレイ! | トップページ

三千界のアバター」カテゴリの記事

PBW」カテゴリの記事

ヒロイックソングス!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ウマ娘】初プレイ! | トップページ

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30