無料ブログはココログ

ツイッター


« 『タイタンの戦い』 | トップページ | 突き刺さる!突き刺さる!突き刺さる! »

『真っ黒焦げの凶暴なウサギ』

・真っ黒焦げの凶暴なウサギ

 和智正喜 メガミ文庫 2008年

 かつて。神に純真な心を裏切られた白いウサギが、噴出した黒い感情を叩きつけ神を殺してしまった。

 現代。神の再生を企てる者達〈善推委〉が潜む白王都学院で、いじめられっ子の少年・友梨拓斗の前に、神殺しのウサギの力を宿す仮面が現れた。

 自他の暴力を恐れながらも、拓斗は〈善推委〉に挑む少女・依船優果のため、そして拓斗自身が生きるため、神殺しのウサギ・〈真っ黒焦げの凶暴なウサギ〉となって〈善推委〉と戦うことを決意する。

 

『仮面ライダー―誕生1971―』が面白かったので、筆者の別作品も読みたくなって、幾つか探してみた中から、まずはこちら。

トラウマを抱えた主人公・拓斗が醜い外見のクリーチャーへ変身し、想いを寄せる少女・優果のために戦うダークな感じの物語です。

同級生や教師から拓斗が虐げられる様子はエゲツなくて、ちょっと気が重くなりました。

やるせなくなる場面が幾つかあるのは、やはり『仮面ライダー』と同じ。

追い求めていた希望の灯を見つけた途端に吹き消されても、そこから新しい希望を見出して前へ進んでいくという展開は、残酷だけれど燃えます。

希望というものについては、まだ『仮面ライダー』よりも救いがありました。

更に『仮面ライダー』と違ってムードメーカーの天才少女キャラがいるのですが、天才設定は活かされないままだったのが残念でした。

全人類の中で十五番目くらいに強い人も実際に戦う場面が無く、他にも名前しか出ていない人がいたり、敵の〈善推委〉メンバーも性格歪んでて面白いのに、一人を除いて〈真っ黒焦げの凶暴なウサギ〉と対峙しなかったりと。

まるで序章か、「第一部完」という風に終わってしまっているので、続刊を期待しています。

最後が少し明るめになったので、軌道修正して、また暗くなっても良いし。

あとがきの前に、拓斗が変身する〈真っ黒焦げの凶暴なウサギ〉や、敵クリーチャーの設定画が載っていて、人間と獣と魚類を合わせた姿がキモカッコイイです。

« 『タイタンの戦い』 | トップページ | 突き刺さる!突き刺さる!突き刺さる! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『真っ黒焦げの凶暴なウサギ』:

« 『タイタンの戦い』 | トップページ | 突き刺さる!突き刺さる!突き刺さる! »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30